イオンネットスーパーで火曜市を活用する時に知っておきたい8つのこと

活用術

火曜市

イオンの毎週恒例火曜市は、イオンネットスーパーでも同じく利用できます。

イオンやマックスバリュの店頭価格と同じ値段で商品を購入できる為、実際にお店へ行って買う時間がなくても、自宅に商品を届けてもらえるのは便利ですね。

しかしながら、全てイオンの店頭と同じように考えていると「ちょっと面倒だな」と感じることもあります。例えば一部取り扱い商品が無い、注文の締め切りが通常より早いなど……。

今回はイオンネットスーパーで火曜市を利用する時、気を付けたいポイントをまとめてみました。

火曜市活用術まとめ

  • チラシの全て商品が買える訳ではない
  • 開催は月曜15時から
  • 卵は時間制限あり
  • 割引対象は火曜日の配送だけ
  • 配達の締め切りが通常より早い
  • 火曜市の日はサイトが重い
  • 「お買い物メモ」を活用で注文を時短
  • お客様感謝デーは対象外

チラシの全て商品が買える訳ではない

ネットスーパーでは店頭価格と同じ値段で商品を購入できるのは良いのですが、一部取り扱い商品がない場合があります。

例えば折込チラシには、1コ28円で販売している野菜は「じゃがいも」「玉ねぎ」「ピーマン」「きゅうり」「ニンジン」とあります。

しかし店舗のネットスーパーでは「じゃがいも」「玉ねぎ」「ピーマン」しか載っていません。また店舗では火曜市の日は、タイムサービスでたまご10コが98円で販売していますが、ネットスーパーでは取り扱っていません。

特に生鮮食品系は店舗によっては取り扱いがない場合が多いようです。チラシを見て欲しい商品があった時は、ネットスーパーでの販売があるかどうか確認することが大切です。

開催は月曜15時から

「火曜市」という名前ですが、特売品が注文できるのは前日(月曜日)の15時から、注文締切時間は火曜日の14時59分までです。

イオンネットスーパーの火曜市は「月曜日の15時~火曜日の14時59分の1日」と覚えておくと分かりやすいです。

卵は時間制限あり

特売品の中でも人気の「卵」

店舗によっては卵の販売が朝9時~12時と時間限定商品になっている場合があります。

また数に限りが有るため、欠品や代替え品対応になることも。
火曜市を卵目当てで利用する人も多いのですが、やや買いにくさを感じますね。

割引対象は火曜日の配送だけ

イオンネットスーパーのデメリットの一つが、配達日が水曜日や木曜日など火曜日以外になると、火曜市の値段で商品を購入できないこと。

前日に注文しておけば間違いないのですが、当日(火曜日)15時までに注文すれば即日配送が可能です。15時以降になると翌日発送になってしまいます。

火曜日は忙しくて配達時間帯に家にいない人は、「置き楽サービス」「店舗受け取りサービス」を使うという手もあります。

【置き楽サービス】
指定した場所に荷物を留置きするイオンの不在時宅配サービス。

手数料(100円+税)が必要ですが、置き楽サービスを使えば夜遅くに帰ってきても商品を受け取れます。

【店舗受け取りサービス】
注文した商品を店舗で直接受け取れるサービス。
自ら店舗まで商品を受け取りに行くので配送料無料で利用できるのが大きなメリットです。

配達の締め切りが通常より早い

火曜市は商品を注文する人が多い為、他の日よりも注文受付の終了が早いことが多いです。

「火曜日にイオンネットスーパーを見たら、配達便が全く空いていなかった」というのも良くある話です。

特に16時以降のお届け時間帯は、すぐに埋まってしまう傾向にあるので、早め早めの注文を心掛けましょう。

火曜市の日はサイトが重い

イオンネットスーパーで火曜市の日に買い物しようとすると、サイト表示に時間がかかることがあります。

それだけ同じように買い物をしているユーザーが集まっているとも言えます。

特売商品によっては、買い物途中に品切れになってしまうこともあるので、欲しい商品は先に注文しておいて、後から商品を追加注文をする手もあります。

「お買い物メモ」を活用で注文を時短

短時間に注文が殺到する為、ちまちま商品を選んでいると、あっという間に注文締め切り時間前に、希望時間帯の配達便が締め切られることも……。

そこでオススメなのは、火曜市の特売商品以外は、事前に「お買い物メモ」へ登録しておくこと。

注文日に火曜市の特売商品を選んだ後は、お買い物メモから「カートに追加する」をクリックするだけで、商品の注文ができます。

買い物時間が短縮できて、ストレスを溜めずに済むので、試しにお買い物メモを使ってみて下さい。

お客様感謝デーは対象外

お客さま感謝デー

イオンの特売といえば、お客様感謝デーも有名ですね。

お客様感謝デーでは、毎月20、30日に買い物をすると、イオンカードの提示やWAON支払いをすると5%OFFで商品が購入できます。

しかしながら、イオンネットスーパーだとお客様感謝デーは対象外です。
不定期ですが、イオンカードで支払うと「ポイントが○倍」になるキャンペーンを実施していることもあります。

ちなみにイオンショップでは、毎月20日30日は「イオンショップ感謝デー」でネットWAONポイント10倍

ネットWAONポイントは通常200円ごとに1ポイント貯まるので「10倍」になれば実質5%OFFで買い物ができます。

イオンのネットショップは色々とありますが、毎月20日30日に実店舗と同じだけお得なのは「イオンネットショップ限定」と覚えておくと分かりやすいです。

イオンカード払いで買い物をより安く

イオンネットスーパーを含めてイオンのネットショップには、独自のポイント制度「ネットWAONポイント」があります。

合計金額が200円ごとに「1ネットWAONポイント」が貯まり、1ポイント=1円として支払いに利用できます。

還元率は0.5%とお得度は低めなので「毎日の買い物でポイントをより多く貯めたい」という人は、イオンのクレジットカード「イオンカード」で支払いをおすすめします。

1回の買い物でネットWAONポイントと、ときめきポイントの両方が貯められるので、200円ごとに2ポイント(還元率1%)になります。

また特定日の利用でポイントが2倍以上のチャンスも。

  • 毎月5の付く日:ときめきポイント2倍
  • ありが10デー:ときめきポイント5倍

少しでもお得に買い物をしたい人には利用する価値が大きいですね。

実店舗での支払いは更にお得

イオンカードは正直、イオン系列の実店舗で使った方がお得度が高いです。

イオンとマックスバリュでの特典をまとめてみました。

  • 毎月20、30日のお客様感謝デー:ほぼ全品5%OFF
  • 毎月5のつく日:ときめきポイント2倍
  • 毎月15日(55歳以上の会員限定)は買い物代金5%OFF
  • 毎月10日:ときめきポイント5倍
  • 優待加盟店:ときめきポイント2倍以上

当サイトネットスーパー100の活用術の管理人は、数あるイオンカードの中でも「イオンカードセレクト」をおすすめします。

イオンカードセレクトの説明

詳しくは:イオンの支払いはイオンカードセレクトが一番お得!年会費無料など特典まとめ

イオンカードセレクトは「クレジットカード、電子マネーWAON、イオン銀行のキャッシュカード(イオンバンクカード)の」3つの機能が1枚にまとまったカードです。

他のイオンカードには無い特典が多く、普段からイオン系列店や電子マネーWAONを使う人であれば、1枚持っていて損はありません。

  • オートチャージでポイントが貯まる
  • 毎月5の付く日はオートチャージで最大30WAONポイントプレゼント
  • イオン銀行の利用でポイント付与

イオンカードセレクトは入会金・年会費無料

全く使わなくても年会費が請求されることは無いので、毎日の買い物をお得にしてみてはいかがでしょうか?