新潟の原信ネットスーパーを不便に感じずに使う3つのコツ 

ネットスーパー一覧

原信ネットスーパー

原信ネットスーパーは、原信ナルスホールディングスが運営するネットスーパーです。

新潟県全域(離島除く)で利用可能で、13時までの注文で当日配送にも対応しています。

送料が注文金額や配送エリアに関わらず、1回300円+税有料ですが「重くてかさばる商品を自宅まで届けてもらえるのは良い」として、多くの新潟県民から利用されています。

原信ネットスーパーの特徴

  • 新潟全域に配達可能
  • 店頭の各種割引サービスは対象外
  • お気に入り機能の活用で時短

新潟全域に配達可能

配達エリア

原信ネットスーパーの一番の強みは、離島を除く新潟県の全域で利用できること。

イトーヨーカドーは新潟市の一部地域。イオンは新潟西店、新潟東店、新潟南店を中心の利用に限られることから、どこに住んでいても使えるのがメリットです。

届け先の住所を複数登録できるので、新潟県内に住む高齢の親や一人暮らしをしている家族へ食料品の仕送りも簡単です。

店頭の各種割引サービスは対象外

原信ネットスーパーは、シルバーズデーやトキっ子クラブ等の各種割引サービスの対象外。商品の値段はネットスーパー専用の価格なので、店頭での価格とは異なる場合もあります。

その為「スーパーで買うよりも割高」と感じることもあります。

ただし「日替わり特売品」や「均一セール」など独自のセールも開催しているので、それほど割高感を覚えることは少ないと思います。

お気に入り機能の活用で時短

商品画面のお気に入りボタンをクリックすると、商品がお気に入りカテゴリーに登録されます。

良く買い物する商品をお気に入りに登録しておけば、買い物時間がぐっと短縮されて便利です。

お届け

クロネコヤマト

お届けはクロネコヤマトが担当。
配達時間は「14~16時、16時~18時、18時~20時、20~21時」の1日4便体制

地区によって便数が異なるので、利用前に自分が住んでいる地域の当日配送締め切り時間とお届け時間をチェックしておきましょう。

配達時間

午前中と12~14時の便が無い以外は、良くあるクロネコヤマトと同様のお届け時間帯になっており、配達時間帯が2時間と短いので「長時間の在宅が面倒」とは感じにくいと思います。

手渡しが原則で、不在時は留置や宅配ボックスへの配送へは行なっておらず、再配達は20時までに承った分だけ。最終便出発後はキャンセル扱いになります。

キャンセルになると商品代金や送料が自己負担になるので、確実に受け取れる時間帯を指定する必要があります。

送料

送料は1回300円+税
合計金額×××円以上で送料無料のサービスは行なっていません。

冷凍食品やアイスを注文すると付いてくるドライアイスなどは、有料(100円+税)のサービスなので、要冷凍品を注文する時は、自動的にドライアイス代がかかることを忘れずに。

配送エリアに関係なく、一律300円+税なので、郊外や山間部に住んでいる人にとってはメリットが大きいです。

支払い方法

支払い方法には、クレジットカード払いと代金引換え(100円+税)の2種類があります。

お届けは自社配送ではなく、クロネコヤマトが担当する為、代引き引換えは現金だけで、原信の商品券や株主優待券などは利用できません。

原信の提携クレジットカード「原信ナルスカード」による買い物ポイントは1,000円ごとに5ポイント貯まります。原信各店のように、100円ごとに1.5ポイントが貯まるわけではないので注意。

口コミ、評判

実際に原信ネットスーパーを利用している人の口コミや評判を集めてみました。

原信ネットスーパーは利用すべき?

管理人の意見

新潟県で利用可能なネットスーパーは、「原信」「イオン」「イトーヨーカドー」の3社くらい(生協の宅配を含めるともう少し増えますが……)。

その中で唯一新潟県全域(離島除く)に対応するのが、原信ネットスーパーなので、その一点だけでも利用するメリットは大きいです。

最も大きいデメリットである送料が有料(1回300円+税)さえ、目をつぶれば、使い勝手の良いネットスーパーだと思います。

自分が住んでいる地域がイオンやイトーヨーカドーの配達エリアであれば「品揃え」や「送料」、「配達時間帯」などを比較して、使いやすいところを選んでみてください。