マチの暮らしサポート

食材宅配一覧

machi-kurashi

マチの暮らしサポートは佐川急便のSGホールディングスとローソンの共同事業会社「SGローソン」が行なう、一部の店舗で利用できる「御用聞きサービス」です。

「お買い物サポート」と「住まいのサポート」の2種類あり、利用のメインになるのがローソンや宅配サービス「ローソンフレッシュ」の取扱い商品を自宅まで配達する宅配サービスです。

2015年6月から東京都世田谷区のローソンでスタート。

対象店舗はまだまだ少ないですが、2016年6月頃までには首都圏エリアを中心に100店舗規模までの拡大を予定しており、より多くの人が利用できるようになります。

お買い物サポート

お買い物サポート

SGローソンのパーソナルアドバイザーが玄関先で注文を承ったり、利用者がコールセンターに電話したりすると、ローソン店内にある商品をピックアップして、自宅までお届けしてくれます。

対象エリアは、サービス展開店舗の半径約500m以内。
約500m以内は「東急(東京急行電鉄)の1駅と1駅の半分の距離」と考えると分かりやすいでしょうか。

●ローソン店頭商品(お弁当やウチカフェスイーツ、からあげクンなどのホットスナック含む) 
●生鮮食品(野菜、肉、魚)・日用雑貨・医薬品
●ローソンの宅配サービス「ローソンフレッシュ」の取扱商品(成城石井や大地宅配、らでぃっしゅぼーや、ナチュラルローソン、10分手料理キット)など

前日21時までの注文であれば、翌日11時以降にお届け。
留守時で受け取れなかった場合は「再配達」または「店舗受取り」が利用できます。

当日宅配OKなネットスーパーや楽びん!よりも配達までに時間がかかりますが、700円以上で送料無料で届けてくれるのは安くて良いですね。

住まいのサポート

暮らしのサポート

  • ハウスクリーニング
  • 家事代行
  • 不要品の回収
  • 水回りのトラブル
  • カギの交換
  • ペット関連の各種代行

など、生活のトラブルや困った事が起きた時に、問題解決のサポートを行なってくれます。

SGローソンのパーソナルアドバイザーやコールセンターに依頼をすると、ライフネットワークに取り次がれて、各トラブルに応じた提携の業者がサービスを実施します。

Life Net

ライフネットワークのサイトを見ると、高齢者の生活支援や車のバッテリー上がりなどのトラブルに対処するロードワークサービスにも対応していますね。

いかがでしたか?

ローソン✕佐川急便の御用聞きサービス「マチの暮らしサポート」と、ネットスーパーや食材宅配サービスの違いをまとめてみました。

  • 取扱はローソン店頭商品とローソンフレッシュ商品に限定
  • 注文方法が専門スタッフまたは電話のみ
  •     

  • 注文した商品は翌日のお届け
  • 宅配エリアが対象ローソンを中心とした約500m圏内
  •      

  • 不在時はコンビニ受取りも可能
  • 生活支援サービスも受けられる

今までのネットスーパーや食材宅配サービスと比較すると、正直、物足りなさを感じてしまいます。

私たちの感覚ならば「半径500mのコンビニならば、全然買いに行けるから、利用する必要が無いな」と思ってしまいがち。ではどのような人々が利用しているのでしょうか?

マチの暮らしサポートの利用者は「今までコンビニを使ったことがないシニア層」が中心。

高齢者にとっては「自宅まで注文した商品を届けてくれる」「重い荷物を自力で運ばなくても良い」というのは得られるメリットが大きいですね。

年を取るごとに外出が大変になったり、重いものが持てなくなったりするので、近所にあるコンビニ(実店舗なのもポイント!)から届けてもらえるのは、安心感もあります。

注文は「パーソナルアドバイザーまたはコールセンターに頼む」方法なので、ネットスーパーやネット通販とは異なり、インターネットを使わずに、買い物ができる点も魅力的。

マチの暮らしサポートは、ネットをバリバリ使いこなせる私たち世代ではなく、祖父母や高齢の両親に利用をすすめたい御用聞きサービスになっています。

ローソンでは2015年7月から佐川急便の取引がある通販サイトから購入した商品を、ローソン店舗で24時間いつでも受け取れるサービスを実施しています。

これからもマチの暮らしサポートのような「コンビニを拠点とした宅配サービス」は増えていきそうですね。