イオンネットスーパー利用で月額料金が実質無料に!イオン得するタブレットが販売開始

活用術

イオン得するタブレット

【2015年2月26日】

イオンリテールは2月26日からイオン約350店舗(本州・四国)やイオンショップで「イオン得するタブレット(MediaPad M1 8.0 403HW)」の販売を開始しました。

8インチ型タブレット「イオン得するタブレット」は、毎月2,180円+税(端末代金1,200円+通信費980円=税込2,354円)で利用可能。

「スマートフォンやタブレットの端末代金や通信費は、なるべく安く抑えたい」と考えている人のニーズに応えた低価格を実現しました。

更におうちでイオンの利用に応じて、月額料金に相当するネットWAONポイントをプレゼントしてくれたり、「イオンネットスーパーアプリ」などイオンならではのアプリが豊富に取り揃えられていたりと、普段からイオンで買い物をする人にとってお得なタブレットになっています。

イオン得するタブレットの特徴

  • イオンネットスーパーなどの利用で月額料金が実質無料
  • イオンでお得な「イオンカード」とは?
  • イオンならではのアプリが豊富

イオンネットスーパーなどの利用で月額料金が実質無料

月額料金が実質無料

元々、毎月2,180円+税(税込2,354円)の低価格で利用できる「イオン得するタブレット」ですが、おうちでイオン(イオンネットスーパー、イオンショップ、イオンdeドラッグ)の利用で、月額料金が実質無料になるキャンペーンも展開しています。

月間30,000円以上でネットWAONポイント1,177ポイント月間50,000円以上でネットWAONポイント2,354ポイントがプレゼントされます。

ネットWAONポイントは「1ネットWAONポイント=1円」、イオンのショッピングポータルサイト「イオンスクエア」内の支払いに使ったり、WAONポイントと交換してWAONカードにチャージしたりできます。

イオンネットスーパーで貯まったネットWAONポイントの使い方。チャージで普段の買い物の支払いも可能

ネットWAONポイントは200円ごとに1ポイント、イオンカード払いでときめきポイントは200円ごとに1ポイント貯まります。

毎月50,000円以上の購入をすれば、月額料金が実質無料になるだけではなく、最低でも500円分のネットWAONポイントとときめきポイント貯まる計算です。

一人暮らしの人が毎月5万円の買い物をするのは難しいかもしれませんが、家族世帯であれば難なくクリアできる金額だと思います。

キャンペーン対象になるのは以下の条件に当てはまる人です。

・イオン得するタブレットを購入。
・イオンカードで毎月のイオン得するタブレットの通信費を支払っている。
・イオン得するタブレットキャンペーンに登録した。
・イオンカードのカード払いで「おうちでイオン」で、1ヶ月で30,000円以上または50,000円以上、商品を購入している。

ここで注目したいのが、タブレットやおうちでイオンの支払いの為に「イオンカード」を利用する必要があることです。

イオンでお得な「イオンカード」とは?

イオンカードセレクト

イオンカードとは入会金・年会費・WAON発行手数料無料のイオンでお得なクレジットカードです。

支払いで使うと、200円ごとにときめきポイントが1ポイント貯まります。

「還元率は0.5%」とあまり良い方では無いのがデメリットですが、おうちでイオンでは200円ごとに1ネットWAONポイントが貯まるので、イオンカード払いにするとポイントがWで貯まり、還元率に換算すると1%と良くなります。

毎月5の付く日(5日、15日、25日)の配送でときめきポイントが2倍貯まります。

イオンショップ限定で、毎月10日はときめきポイント5倍毎月20日30日は、支払い方法関わらずネットWAONポイントが5倍(5%OFF相当のポイント還元!)になります。

イオンショップは大型商品、ギフト商品、食料、飲料、日用品など、店舗やイオンネットスーパーでは取扱が無いような商品を全国各地にお届けしてくれます。

ポイントが倍以上貯まる日を狙ってまとめ買いをすれば、ポイントがお得に貯まります。

ときめきポイントは日用品、各種お食事券や旅行券、商品券などと交換可能ですが、WAONポイントと交換するのが、最も使い勝手が良いと思います。

イオンやイオンネットスーパーの玄関先WAONなどの支払いに活用できます。

その他イオンカードのお得なポイントは以下の通りです。

●毎月20日30日のお客様感謝デーで5%OFF
●55歳以上なら毎月15日「G.G感謝デー」で5%OFF
●イオンシネマの映画一般料金が本人と同伴者が各300円割引
●WAONへのオートチャージでWAONポイントが貯まる

イオンカードやイオンネットスーパーに限った話ではありませんが、ネットショッピングよりも実店舗で使う方がメリットは大きいですね。

イオン得するタブレットやおうちでイオンの支払いだけに使うには、もったいないカードだと思います。

イオンならではのアプリが豊富

イオンネットスーパーアプリ

イオンが提供しているタブレットだけあり「イオンネットスーパーアプリ」や、イオンのお買得チラシの情報が見られる「イオンお買い物アプリ」、WAONの利用履歴や残高照会ができる「WAONサービスアプリ」など、イオンならではのアプリが豊富に取り揃えられています。

イオンネットスーパーアプリは、商品カテゴリごとに売り場や棚が分かれていて、画面の陳列棚をタッチすると商品を選べるので、実際の店内を歩いているような感覚で買い物ができます。

手持ちのパソコンやスマートフォンで見るイオンネットスーパーとは画面が全く異なる「ビジュアル特化型」なので、新鮮さがありますね。

いかがでしたか?

「イオン得するタブレット(MediPad M1 8.0 403HW)」は、名前通り、普段からイオンを利用している人にとって、非常にメリットが大きいタブレットです。

ただし「低価格タブレット」だけあり、利用にはワイモバイル株式会社との通信契約が必要になったり、SIMカードだけの購入ができなかったり、毎月3Gを超過すると速度制限があったり、イオンカードでの支払い以外は対応していたりと、色々な制約があります。

それでも「端末代金や通信費をなるべく安く抑えたタブレットが欲しい」という人は、検討してみても良いタブレットだと思います。

イオン得するタブレットは全国のイオンで店頭販売しているので、気になる人は実物を体験してみて下さい。