配送料300円、火曜市も利用できるイオンネットスーパーが便利

ネットスーパー一覧

イオンネットスーパー

イオンネットスーパーは、イオングループが運営するネットスーパーです。

北海道、東北エリアから九州・沖縄まで、ネットスーパーの中でも配達エリアの範囲がダントツで広いです。どこに住んでいても近くにイオンさえあれば、注文できるのが特徴です。

イオンネットスーパーの特徴

イオンの特売「火曜市」の商品も購入可能など、割高に思いがちなネットスーパーもお得に利用できます。

ほぼ全国を網羅する配達エリア

北海道から沖縄まで、ほぼ全国の都道府県で利用できます。

●配達エリア(一部地域を除く)

北海道
青森県・秋田県・岩手県・宮城県・山形県・福島県
茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県
新潟県・山梨県・長野県
富山県・石川県
岐阜県・静岡県・愛知県・三重県
滋賀県・京都府・奈良県・大阪府・兵庫県・和歌山県
鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
香川県・愛媛県・高知県
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県
沖縄

北海道エリアはイオン北海道株式会社が運営する「ネットで楽宅便」が相当します。

近隣にイオンがないと、もちろんイオンネットスーパーは利用できませんが、それでも利用できる範囲は数あるネットスーパーの中でも随一と言えます。

火曜市の商品もネットスーパーで買える

イオンといえば、毎週火曜日に開催される火曜市があります。

イオンネットスーパーでは、実店舗の店頭価格と同じ値段で特売商品が購入できます。

「火曜市」という名前ですが、イオンネットスーパーでは月曜の17時~火曜日の15時が火曜市の商品を注文できる時間帯です。

生鮮食品など商品によっては一部取り扱いがなかったり、配達時間の締め切りが早かったりするので、火曜市にネットスーパーを利用する際は注意が必要です。

関連記事:イオンネットスーパーで火曜市を活用する時に知っておきたい6つのこと

エコ梱包で環境にやさしい

植林活動や緑化運動、店舗での電気自動車充電ステーションの設置、環境に配慮したエコストアの設立など、エコ活動に積極的なイオンではイオンネットスーパーでもエコ活動を行なっています。

注文した商品をレジ袋に入れずに、専用のエコパッグを利用、梱包資材も可能な限り使用しないなどの「エコ梱包」を選択できます。

専用のエコバックに商品を入れて運んでくれるので、かさばるダンボール箱やレジ袋がゴミとして出ません。

リサイクル資材も回収

リサイクル可能資材の自主回収も行なっています。

自主回収の対象となる資材は、紙パック・白いトレイ・ペットボトル容器の3種類。

今までスーパーに持って行く必要があったり、そのままゴミとして捨てたりすることが多かった紙パックやトレイも回収してくれます。

利用方法はイオンでもらったビニール袋やレジ袋にそれぞれ分別した資材を入れて、商品を届けてくれた配送スタッフに渡すだけ。

資源回収の日が決まっている地域やマンションに住んでいる人には、大変便利でエコなサービスです。

配送料・配達時間

基本配送料は300円+税。
商品の合計金額が5,000円以上で配送料が無料になります。

以前は5,000円未満で配送料105円と、ネットスーパーの中でも配送料が安かったのですが、2014年3月5日から3倍に値上がり。他と変わらなくなりました。

配達時間は12時から20時まで。
当日15時までの注文で、最短3時間後の18~20時に届けてくれます。

配達時間帯は2時間単位と短いので、商品を到着を待つストレスは少ないですが、18時に仕事が終わる人や、家を空けがちな人は、不在時宅配サービスを利用すると再配達の必要なく、確実に商品を受け取れます。

「置き楽サービス」で留守でも荷物が受け取れる

ほとんどのネットスーパーでは、鮮度維持と安全性を配慮して、注文した商品は全て手渡しになっています。不在時の場合は荷物を持って帰られるので、再配達の手続きをする必要があり、別途に再配達料がかかってしまいます。

「置き楽サービス」という不在時宅配サービスを利用できます。

置き楽サービスを頼めば、指定した場所に荷物を置いてくれるので、家に居なくても荷物を受け取れます(1回100円+税)。

サービスを利用する時は、初回は在宅が必須で、配達員が置き場所の確認をした後、次回から利用できます。

商品が入ったダンボール箱は、コンテナで包まれていて、セキュリティバンドでしっかりカギがかけられているので、誰かに開けられる心配はありません。

野菜や肉、魚などの生鮮食品を買っても、専用の保冷カバーを使って鮮度を保った状態で置かれるので、衛生や安全面も心配しなくて良いですね。

置き楽サービスは手渡しができないので、代引き引換えや玄関WAONは利用できず、クレジット支払いだけの利用に限られています。

また氷やアイスクリームなどの冷凍食品、コンテナに入りきらない大きさの商品(物干し竿、布団、衣装ケースなど)は留め置きで配送できないので利用の際は注意が必要です。

「仕事が忙しくて何時に家に帰られるか分からない」「荷物を受け取れる時間帯に在宅できないかも……」と言う心配なく、利用できるというメリットがあります。

支払い方法

支払い方法は大きく分けて4つあります。

  • クレジットカード支払い
  • 代引き引き換え(100円+税)
  • 玄関先WAON
  • イオン商品券・マイカル商品券支払い

イオンネットスーパー

玄関先WAONはイオンネットスーパー独自のサービスで、クレジットカードや代引きの代わりにWAONを使って支払いができます。

玄関先WAONは毎月5日、15日、25日のポイント2倍などの商品ボーナスポイントの対象外になっていますが、200円ごとにWAONポイントが1ポイント貯まるので、現金払いの代引き引き換えよりもお得に利用できます。

WAONカードは無料で作れるので、事前にお金をWAONカードにチャージ(入金)しておけば、カードをかざすだけで簡単に支払いが可能です。入金式なので使い過ぎの心配がないのも良いですね。

イオンカードでときめきポイントを貯める

イオンネットスーパーは、独自のポイント制度を実施しています。
買い物の合計金額が200円ごとに「1ネットWAONポイント」貯まります。

貯まったポイントは100ネットWAONポイント(100円相当)単位で支払いに利用できる以外に、WAONポイントに交換してネットスーパー以外の買い物にも利用できます。

基本的にはイオンのときめきポイントは貯まりません。
しかし、イオンのクレジットカードイオンカードで支払いをすると、ネットスーパーポイントと、ときめきポイントをWで貯められて、よりお得に利用できます。

イオン住宅ローン契約で毎日5%OFF

イオン住宅ローンに契約すると限定特典として、イオンネットスーパーを含むイオン店舗での買い物が毎日5%OFFになる「イオンセレクトクラブ」が利用できます。

イオンカードセレクトの特典やイオングループ各社からの特典も付いているので、イオングループで良く買い物をする人は、住宅ローンの候補の一つにイオン住宅ローンを入れても良いのではないでしょうか。

イオン住宅ローンは業界最低水準の住宅ローン金利で、他と比較してもかなり優秀です。
保証料0円、一部繰上返済手数料も0円で利用できます。

口コミ・評判

Twitterでのイオンネットスーパーの口コミ、評判を集めてみました。