カード払いが最もお得?高級スーパー成城石井の支払い方法まとめ

スーパー節約術

成城石井

成城石井は高価格な商品を取り扱う高級スーパーの代表的な存在。

輸入食料品を多く取り扱っていますが、オリジナルのチーズケーキやスコーンにも人気が高く、女性を中心に多くの愛用者がいます。

支払い方法によって、お高く感じる成城石井を安く利用する方法はあるのでしょうか?調べてみました。

ポイントカード
電子マネー au WALLET
交通系電子マネー
店舗によって差があり
クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners
商品券・ギフトカード
成城石井商品券やクレジットカード会社発行のギフトカード

独自のポイントカードは無し

成城石井では独自のポイントカードを発行していません。

ただし商業施設にテナントとして入っている一部の店舗では、それぞれのポイントカードが使えます。

【使えるポイントカードの例】

マルイ エポスカード
東急百貨店 東急「クラブ&キュー」カード
新丸の内ビルディング 丸の内カード、三菱地所グループカード
アトレ アトレカード
飯田橋サクラテラス 三井ショッピングポイントカード
晴海トリトンスクエア トリトンカード
アルビ アルビポイントカード
阪急三番街 スタシアカード、阪急阪神おでかけカード
あべのキューズモール キューズモールフレンズポイントカード
京阪百貨店 京阪e-Knetのポイントカード

「成城石井単体のお店では、ポイントカードが使えない」と覚えておくと分かりやすいと思います。

電子マネーは基本的に使えない

成城石井では電子マネー払いは基本的に使えません。

ただし成城石井がテナントとして入っているショッピングビルや店舗によっては、suica含む各種交通系電子マネーやiDが使えます。

ただし、使える店舗がかなり限られている為、あまり過度な期待はしないほうが良さそうです。

確実に使える電子マネーはau WALLETです。

au WALLET

auユーザーを対象にしたプリペイド式の電子マネーで、200円ごとに1ポイント貯まります。

au WALLETはクレジットカードと同様にカード端末に通して支払いをする仕組みなので、VISA加盟店(VISAのクレジットカードが使える店舗)である成城石井でも使えるというわけです。

使えるクレジットカード

クレジットカードOK

VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Dinersの5大国際カードブランドであれば、問題なく利用できます。

「成城石井で使うとお得なクレジットカード」というのは特にありません。

ただし各商業施設で優待があるクレジットカードで支払いをすると、割引特典が受けられる場合があります。

例えばルミネ内の成城石井ならばルミネカード払いでいつでも5%OFFで買い物ができます。

使える商品券・ギフトカード

成城石井独自の商品券「成城石井商品券」は、大半の店舗で使えます(一部店舗で例外あり)。お釣りも出ます。

ただし店舗によって「使えるが、販売はしていない」という所も多いので、誰かに渡すプレゼントとして成城石井商品券を購入する予定の際は、事前に「販売あり」の店舗を探しておくことをおすすめします。

クレジットカード会社のギフトカードも、JCB、VISA、UC、DCであれば、基本的にどの店舗でも利用可能。それ以外のギフトカードは店舗によって不可が異なります。

またテナントで入っている商業施設によっては「全国共通百貨店券」や「ルミネ商品券」、「びゅう商品券」などの各自の商品券も使えます。

また地域限定の商品券(例:世田谷区商品券、中央区共通買物券(ハッピー券)が使える所もあります。※お釣りなし。

安く買い物するなら「アプリ」が必須

成城石井には独自のアプリがあります。

アプリをインストールすると各店舗で使えるクーポンがGETできたり、セール情報が分かったりと、何かと割高に感じやすい成城石井の買い物をお買い得にできてしまいます。

アプリ

またGoogle MapやiOSマップと連動させれば最寄り店舗までナビゲーションしてくれるので「成城石井まで買い物に行きたいけど、どこにあるのか全然分からない」という時にも心強いサポート役を果たしてくれます。

独自のアプリがあるならば、無印良品の「MUJI passport」のように、ポイントが付くようにしてくれると便利なのですが、実装する可能性は低そうですね……。

まとめ

色々と調べてみた所「成城石井の全店舗に共通して安く買い物をする方法はない」ことが分かりました。さすがは高級スーパーと言った所でしょうか。

利用する成城石井を「商業施設内の店舗」に限定して、その商業施設で貯まるポイントカードを持つ/割引特典があるクレジットカードを作る……というのが、最も確実にお得にする方法です。

最もお得度が低いのが「現金払い」なので、手持ちの中で最も還元率の高いクレジットカードで支払うのも手です。