支払いでネットスーパーの利用が割引になるクレジットカードランキングTop5

活用術

カード払いでネットスーパーがお得になる

ネットスーパーの支払いでクレジットカードを利用する人が多いですが、普通に手持ちのカードで支払うよりも、ネットスーパーごとにお得になるカードが存在します。

ネットスーパーで使うと次回からの支払いに使えるポイントが最大2~5倍貯まったり、3~5%OFFで割引になったりするクレジットカードをランキング形式で紹介します。

1位:ウォルマートカードセゾン

ウォルマートカードセゾン

ウォルマートカードセゾンのすごい所はSEIYUドットコムが毎日3%OFFで利用できること。しかも年会費が永久無料なので、持っていて損はないクレジットカードになっています。

全国の西友、リヴィン、サニーでも毎月3%OFFの対象になるので、実店舗とネットの両方で非常に使い勝手が良いです。

ウォルマートセゾンの「永久不滅ポイント」は貯まりませんが、1,000円ごとに1ポイント貯まる永久不滅ポイントよりも3%OFFの方がお得です。

毎月5日20日は西友(SEIYUドットコムを除く)、リヴィン、サニーで5%OFF、しかも永久不滅ポイントが貯まるという、超お得な仕様になっています。

普段の買い物はSEIYUドットコムのネットスーパーで行ない、5日20日は西友……と使い分けると、より食費が節約できます。

2位:OMCカード

OMCカード

毎週日曜と20日、30日配達分は、OMCカード支払いでほとんど全品5%OFFで買い物できます。

OMCカードのわくわくポイントだけではなく、ダイエー店舗共通のハートポイントも合わせて貯まります。貯まったハートポイントは1ポイント=1円で支払いに利用できます。

それぞれのポイントは「200円ごとに1ポイント」と還元率が低く、年会費が1,000円+税なのがデメリットです。
ただし5%OFFの実施日に年21,000円以上の買い物すれば、年会費のモトは取れます。

お客さま感謝デー

ちなみに毎月20日・30日の配達分は、イオンカード支払いで5%OFF

ダイエーネットスーパーの支払いに関してはイオンカードよりも「OMCカード」の方が、月3~4回分お得度があります。

ただし2016年2月末には、OMCカードでの優待割引が終了してしまうので、イオンカードに乗り換えた方が得策です。

3位:セブンカード

セブンカード

毎月8の付く日(8日、18日、28日の月3回)にイトーヨーカドーとイトーヨーカドーネットスーパーが5%割引で利用できます。

イトーヨーカドーネットスーパーでは、ポイントが一切付かない(ポイント制度自体がない)ので、カード払いが唯一ポイントが貯まる手段になっています。

初年度は年会費無料。翌年は500円かかりますが、前年度に50,000円以上の利用があれば無料になります。

普段からイトーヨーカドーの支払いをセブンカードで行なっていれば、実質ずっと無料で使えます。年間で50,000円以上使わなくても、8の付く日に10,000円の買い物をすれば年会費分のモトは取れます。

セブンカードはイトーヨーカドーだけではなく、セブンイレブンや西武、そごう、セブンネットショッピングでの利用で還元率が高いカードになっています。セブンカードプラスにはnanaco機能も付いているので、セブン&アイホールディングス系列を良く利用する人は、お得に使えるカードだと思います。

4位:楽天カード

楽天カード

楽天市場のネットスーパー楽天マートでは、100円ごとに1ポイント貯まりますが、楽天カードで支払うとポイントが毎日2倍になります。他にも楽天マート限定キャンペーンで3~5倍のポイントが貯まったりと、何かとポイントが貯まってお得です。

年会費は永年無料。Webから簡単に申し込めて、配達時に本人確認書類(免許証など)を提示すれば、手元に届いた瞬間から利用できる手軽さも魅力的です。

貯まったポイントは楽天マートや楽天市場で1ポイント=1円相当で利用できるので、普段から楽天市場で買い物をする機会が多い人は、便利に使えると思います。

5位:イオンカード

イオンカードセレクト

イオンネットスーパーは、イオンで実施されている毎月20日30日のお客様感謝デーの5%OFFの対象外。

イオンカードは入会金・年会費、WAON発行手数料が全て無料

ネットスーパーよりも、イオンネットショップや実店舗で使い勝手の良いカードになっています。