オムニ7の口コミまとめ!「改悪」の声もあるセブン&アイの総合ショッピングサイトの評判は?

口コミ・評判

オムニ7

セブン&アイグループの総合ショッピングサイトオムニ7

イトーヨーカドーやロフト、7net、アカチャンホンポ、西武・そごうなどで取り扱いのある商品が購入可能。

全国約18,000店舗のセブン-イレブンを含む、セブン&アイグループの店舗で商品が送料無料で受け取れるなど、ネット通販サイトと実店舗の双方を活用した宅配サービスになっています。

今まではバラバラに運営されていたネットショップサイトが「オムニ7」に一本化されたことで、どのようなメリット・デメリットが出てきたのでしょうか?掲示板やSNSなど、実際の利用者の口コミと評判をまとめてみました。

メリット

  • セブン系列店で商品が受け取れる
  • nanacoポイントが貯まる
  • 他サイトで完売した商品が残っていることが多い
  • コーヒーの無料引換券がもらえる

セブン系列店で商品が受け取れる

○セブン系列で本を受け取れるのがここの最強の長所

○セブンイレブンで支払い&受け取れるというのが最大のアドバンテージだった
支払いに関しては尼はまだもう一歩だが、コンビニ受け取りでは配送の早さで完全に追い越された

オムニ7で注文した商品は、全国に約18,000店あるセブン-イレブンを含む、セブン&アイグループの店舗でも受取が可能です。

送料は1回300円+税(3,000円+税以上で無料)ですが、店舗受取りは送料無料。
コンビニ店頭払いだと手数料がかかるネット通販サイトが多い中で、支払い手数料がかからないのも魅力的です。

また返品する可能性がある商品を購入する場合、店舗受取りの選択をおすすめします。
カスタマーセンターに事前連絡をしておけば、商品を受け取った店舗での返品が可能なだけではなく、返品手数料も無料です。

「少額の買い物をしたい」「ネットで決済するのは抵抗がある」「同居の家族や友人に知られず、商品を内緒で注文したい」「日中は自宅に居ないので、早朝や深夜などに受け取りたい」という時にも活用できます。

nanacoポイントが貯まる

電子マネーnanaco

オムニ7にnanacoカードやセブンカード・プラスのnanaco番号を登録すると、nanacoポイントを貯めたり、支払いに使えたりできます。
実店舗とネットショッピングで相互利用が可能なので、貯まったポイントを無駄なく使えるのはメリットですね。

また商品の返品をする場合、店頭受取りで現金またはnanacoで支払っていれば、即座に現金での返金(上限20,000円まで)が受けられます。

オムニ7は気軽に返品できるのがメリットで、例えばサイズが合うかどうか分かりにくい洋服を購入する際も、サイズが合わなければ手数料無料で返品可能なので、今までネット通販で買うのを躊躇していた商品も買いやすくなりました。

他サイトで完売した商品が残っていることが多い

○某マンガ特装版が他のサイトで軒並み売り切れ
なのにここにはあって助かった

オムニ7が他の大手通販サイトよりも「穴場」な為か、他の通販サイトで品切れになっている商品でも「在庫あり」で取り扱われていることが少なくありません。

「amazonもヨドバシカメラも在庫がない……」という時、一度オムニ7で調べてみると、もしかしたら欲しい商品が見つかるかもしれませんね。

コーヒーの無料引換券がもらえる

以前からセブンネットショッピングで雑誌やコミックなどを注文して、セブン-イレブンの店頭受取りをすると、セブンカフェのコーヒーがもらえる無料引換券が付いてくることがあります。

このプレゼントキャンペーンも引き続きオムニ7で利用可能。
普段からセブン-イレブンのコーヒーを愛飲している人は、特に嬉しいサービスですね。

デメリット

  • システム変更で使いにくくなった
  • 注文完了から配送までが遅い
  • 品揃えが悪い。商品は定価が多い
  • 店舗受取りができない商品もある

システム変更で使いにくくなった

○激しく使いにくい。
衣料品どこよ?と思ったら
イトーヨーカドーのアイコンクリックしないといけないのかよ。
分かりにくすぎる。

○amazonとは差別化したサービスをしてたから
使っていたのに、なに、オムニ7って
スーパー機能はないし、イトーヨーカドーカートにいれても
オムニ7ページに飛ばされた挙げ句、カートがゼロとか
意味がわからない
しかも、注文から30分以内にしかキャンセル・変更が利かないという
クソ仕様

とりあえず一回だけは利用しようと思ってやったけど、
注文日を指定したら来月になってて、何これってなった
今回の荷物を最後に、他を利用することにしたよ
ネットスーパーの良いところが一個も残って無くて笑ったわ

○7ネットショッピングから取りあえず初日に移行したが、
今だに何も買ってない その前にサイトが使いにくい

以前までは、セブンネットショッピング、イトーヨーカドー、ロフト、西武・そごう、赤ちゃん本舗などが、それぞれネット通販サービスを運営していました。

それが「オムニ7」として一本化されたことで、IDやポイントプログラムが共通になり、トップページが統合されました。

その為「オムニ7を利用する為に初回利用登録をするのが面倒」「以前使っていたセブンネットショッピングよりも使い勝手が悪くなった」「店舗ごとに分かれているので、まとめ買いができない」など、サイトリニューアルに伴う既存ユーザーからの不満の声が良く聞かれます。                                           

注文完了から配送までが遅い

○セブンは予約商品以外は配送が遅いのが致命的
アマゾンはコンビニ受け取りでも普通に翌着するし、お急ぎ便なら当日も可能
その上高いってんじゃどうにもならん

○尼とか淀の当日配達は流石に速すぎると思うんで、普通の通販(在庫があれば翌日発送)で全然いいと思うけど、
オムニセブンの配送は流石に遅すぎると思う。
在庫有っても配送されるの5日後とかだし。

○久々に見たら食品が7からイトーヨーカドーの取り扱いに移行して送料無料ラインが倍になってた
ヨドと比べちゃ駄目だが、せめて西友並みじゃないと使い辛くなったな

店舗受け取りは、商品の配送(と返送)には、雑誌や書籍の物流網を活用しています。

その為か分かりませんが、店頭受取りを選ぶと宅配便よりも2~3日お届けが遅くなることが少なくありません。
「発売日に本が欲しい」「今すぐ書籍を購入したい」という場合は「当日発送、翌日受け取り」も可能なAmazonやヨドバシ.com、楽天を利用した方が、注文から配達完了までが、めちゃくちゃ早いです。

また関東の1都6県限定で、7時までの注文で19時以降にお届けする「お急ぎ店舗受け取りサービス(送料300円+税)」があります。

これはヤマト運輸の宅配サービスを使って店舗に商品を配送するのですが、宅配便で自宅まで商品をお届けするのと送料は変わりません。
宅配便だと3,000円+税以上(セブンネットショッピングだと1,500円+税以上)で送料無料になるので「どうしても店舗で受け取りたい」という事情がない場合は、お急ぎ店舗受け取りサービスではなく、宅配便の利用をおすすめします。

品揃えが悪い。商品は定価が多い

○品揃えが圧倒的に悪い。検索がほぼ空振り。
新刊や新作が予約出来ないし、発売日に注文受付開始なんて馬鹿らし過ぎる。

○セブンネット単独の時も品揃えはそれほど良くなかったけど、「え?今コレ売ってるの?」的な商品があった。
今は本当に何も無い。

オムニ7のオープン時のアイテム数は約180万品目
こう見ると多いように思いますが、Amazonや楽天、ヨドバシ.comと比較すると、かなり少ないです(さすがにネットスーパーや生協の宅配サービスなどに比べれば多い方ですが……)。

その為、大手通販サイトの感覚でオムニ7で買い物をしようとすると「欲しい商品が全然ない」というケースが目立ちます。
ただし特定の店舗だけでしか売られていないオリジナル商品(例:赤ちゃん本舗のお尻拭きなど)や、ネット通販限定商品が購入できるのは、他には無いメリットに挙げられます。

オムニ7は2018年度に取り扱いアイテム600万品目を目標にしているので、商品数に関しては今後、改善の余地は高そうですね。

店舗受取りができない商品もある

○既出だけど、
ベルメゾン的なイメージで買い物したら
カートは別々だし店舗受け取り出来ない商品も
あるしで不便すぎ!!!
2度と使わず

店舗受取りが可能なのは、箱のサイズが3辺130cm、重さ10kg、金額30万円以内の商品に限られます。

ただしサイズが規定の範囲内でも店舗受取りができない(商品説明に宅配受取りしか表示されない)商品もあり、カート内に店舗受取り不可の商品が一つでもあると、全ての商品が宅配便扱いになります。

その為「同じ店舗の商品を買うのに、別々の配達になってしまい使いにくい」という不満の声が良く見られます。

まとめ

セブン&アイグループの店舗でしか買えないオリジナル商品やネット通販限定商品が購入できる「オムニ7」。

ただし商品数の少なさや、ショッピングサイトのシステム的に、買い物の使いにくさを感じることが多々あり、欲しい商品が他の大手通販サイトで購入可能であれば、そちらを利用した方が使い勝手が良く、価格も安くて節約になります。

オムニ7を利用する最大のメリットが、他には無いセブン&アイグループの店頭で受け取り、支払い、返品ができること。
「店頭受け取りサービスを上手く活用できるかどうか?」が利用の有無を分けるカギとなりそうです。