不在時宅配にも対応!青森市の生協宅配「青森県民生協ネットスーパー」

ネットスーパー一覧

管理人の意見

青森県民生協ネットスーパーは、青森県民生協が運営するスーパー宅配サービスです。

店舗で取り扱いのある商品から生鮮食品や一般食品、日用消耗品を中心に約5,000品目が購入できあます。

原則店頭と同じ価格で、チラシ掲載商品も前日の17時より注文できる為、普段の買い物にも使いやすいです。

配送エリアは青森市の一部地域。詳しくは「配達エリア一覧 – 青森県生協」で確認。

利用には県庁生協または県民生協への加入が必要ですが、入会金・年会費は無料です。

自宅にネット環境が無かったり、デジタル機器の操作が不慣れだったりする人向けに、電話やFAXで注文を受け付ける「電話ネット宅配便サービス」もあります。

青森県民生協ネットスーパーの特徴

利用には組合員加入が必要

青森県民生協ネットスーパーの利用には「県庁生協または県民生協への加入」と「ネットスーパーへの会員登録」が必要です。

組合員加入には「初回配達時に生協に加入する」と「店舗での手続き」の2通りの方法があります。

初回配達時に生協に加入する場合、初回配達時に担当者が加入申し込み書を持って来られるので、申し込み書への記入と出資金を渡せばOKです。

県庁生協は1口300円、県民生協は1口1,000円の出資金が必要。

出資金は生協の活動や運営の資金として使われるもので、退会時には全額返還されます。実質は無料なので、それほど負担が大きくは無いと思います。

配送・配達時間帯

注文した商品は青森県民生協コスモス館よりお届け。

配達時間帯は11時~21時の1日4便体制。14時までの注文で当日配送を行ないます。

注文締切時間 11:00~13:00 12:00~15:00 15:00~18:00 18:00~21:00
~9:00
~11:00 ×
~14:00

不在時も安心な「留守番BOX」

配達時に不在の場合は、指定場所に商品を留め置く「留守番BOX」も利用できます。
保冷剤やドライアイスが同梱されるので、生鮮食品を頼んだ時も安心ですね。

利用には事前申し込みが必要。コープネットスーパーまたは各店舗で申し込みを行ない、後日留守番Boxを設置しに来てくれます。

「何時に帰宅できるか分からない」「家族が留守がちで受け取れるか不安」「小さな子どもがいるので、インターホンを鳴らさずに商品を届けて欲しい」という時にもかるようできます。

留守番BOXの利用料や商品代金は「日専連カード(クレジットカード)」の支払いのみに対応している為、日専連カードを持っていない人には使いにくさを感じる所です。

店頭受け取りサービス

店頭受け取りサービスでは、ネットで注文した商品を、17時以降に希望の店舗で受け取れます。

各配達便は配達時間帯が3時間と長いので「お店で商品を選んだり、レジに並んだりする時間を時短したいが、長時間待ち続けるのは大変」という時に活用できそうですね。

送料

  • 1回250円
  • 5,000円以上で100円

期間限定で送料割引や無料になるキャンペーンも行なっています。

支払い方法

  • クレジットカード払い(日専連COOPカード、日専連カード)
  • 代引き引換え

日専連COOPカードと日専連カードは、日専連ライフサービスのクレジットカードで、200円ごとの買い物でPreスマイルポイントが貯まります。

代引き引換えは手数料無料なので、専用のクレジットカードを持っていない人でも利用しやすいです。ただし留守番Boxなど一部サービスは使えません。

青森県民生協ネットスーパーは利用すべき?

管理人の意見

青森県民生協には、店内で購入または電話やFAXで注文した商品を自宅まで届けてくれる「個人宅配」も利用できます。

【個人宅配の特徴】
宅配エリア:ネットスーパーと同じく青森市内。

店内購入商品の配送は1回120円。配達時間は14~18時、18~21時。
電話・FAX注文の商品の発送は1回150円。配送時間は14~18時。

70歳以上の高齢者や、産前8週間から子どもが満1歳になるまでの期間は1回80円で利用できる割引優待あり。

「お店で購入した商品を家まで持って買えるのは大変」「自宅にネット環境が無い」という家庭で活用できます。

他とは異なり、利用の際に県庁生協または県民生協への加入が必須条件になりますが、普段から生協で買い物をしている人には、欲しい商品のお届けの一つとして活用できると思います。

ちなみに青森で利用可能なネットスーパーには「イオン」と「イトーヨーカドー」があるので、宅配エリア外や生協利用を躊躇している人は、そちらを利用してみる手もあります。

関連記事:ネットスーパーはイトーヨーカドーとイオンどちらが良いか比較してみた