スーパーライフのクレジットカード「LC JCBカード」のポイントの貯め方。買い物に利用する価値はある?

スーパー節約術

LC JCBカード

スーパーマーケットライフを運営する株式会社ライフコーポレーションは、普段の買い物が更にお得になるクレジットカード「LC JCBカード」を2016年3月1日から募集を開始しています。

ライフは近畿圏と首都圏で200店舗以上ある中堅のスーパーマーケットです。

スーパーマーケット独自のクレジットカードは現在も色々なスーパーマーケットから出ているわけですが「LC JCBカード」を利用することで、どのように買い物が便利になるのでしょうか?

LC JCBカードの特徴

  • ポイントカードとしても使える
  • カード払いでポイントがWで貯まる
  • 7の付く日は5倍
  • ライフ以外の加盟店では?
  • 年会費無料
  • 特定日の5%OFFは無し
  • 提示と支払いでポイントの付き方が違う
  • 支払い日は毎月10日前後

ポイントカードとしても使える

利用額200円(税別)ごとに1ポイント。
ポイントは即日貯まり、すぐに支払いに使えます。

ポイントカードと付与率は同じなので、ポイントカードの代わりとしても利用できます。

カード払いでポイントがWで貯まる

LC JCBカード払いは200円(税込)ごとに1ポイント。

提示による「200円(税別)ごとに1ポイント」も加算されるので、約200円ごとに2ポイント貯まります。

スーパー系列のクレジットカードで貯まるポイントは「200円ごとに1ポイント」が相場なので、LC JCBカードは還元率が約1%と高いのは、かなり魅力的ですね。

ただし提示によるポイントは「即日」、支払いによるポイントは毎月10日前後の「口座引落し時」と、付与時期が異なるので注意。

7の付く日は5倍

毎月7日、17日、27日の7の付く日は、LC JCBカード払いで200円(税別)ごとに5倍のポイントが貯まります。

LC JCBカード払いですが、ポイントは即日貯まるので、毎月10日前後まで待つ必要はありません。

ライフ以外の加盟店では?

ライフ以外のJCB加盟店では、200円(税込)ごとに1ポイント。

良くあるポイントカードの還元率(0.5%)と変わらず、お得度は低めです。

LC JCBカードはあくまでもライフで使うのに適したクレジットカードであって、他の加盟店でクレジットカード払いをする場合は、別の還元率の良いカードを使った方が、多くのポイントを貯められます。

年会費は無料

LC JCBカードの年会費は無料

「年会費無料」のクレジットカードの中には「年○万円以上の利用で翌年度の年会費は無料」という場合もあるので、全く利用しなくても年会費が無料なのは助かりますね。

ポイントの有効期限は1年間

ポイントの有効期限は翌年の同月末日まで

ポイントカードの場合は「お買い上げ月から1年間」なので、条件は変わりませんね。

貯まったポイントは500ポイントごとに500円分として支払いに使えます。

1ポイント=1円分として使えないので、頻繁にライフで買い物をしない人や1回あたりの利用代金が少ない人は、貯めたポイントが無駄になる可能性が高いです。定期的にレシートや明細などでポイントの有効期限を確認するようにしましょう。

特定日の5%OFFは無し

スーパーの買い物の支払いに特化したクレジットカードの場合、優待割引が受けられることが多いです。
例:イオンやイトーヨーカドー、アピタは「特定日の支払いで5%OFF」、西友だと「毎日3%OFF」など。

一方で、ライフのLC JCBカードには優待割引が無く「毎月7の付く日はポイント5倍」があるだけ。
ポイント5倍と5%OFFではお得度が変わってきます。

例えば税別926円(税込1000円)の買い物をした場合を考えてみます。

【ポイント5倍】
23ポイント。(計算式:926÷200×5)
支払い金額からポイントを引くと、977円(=1,000円-23円分のポイント)。

【5%OFF】
950円。(計算式:1,000÷1-0.05)。
貯まるポイントは4ポイント(≒950÷200)。

支払い金額からポイントを引くと、946円(=1,000円-4円分のポイント)。

最終的に支払う金額を考えると、断然お得なのは「5%OFF」なことが分かります。
ポイント10倍ならば、ほとんどお得度は同じ(それでも5%OFFの方が安くなる)ですが、5倍だと差は顕著に現れますね。

その為、5倍ポイントを5%OFF感覚で考えるのはNGです。

スーパーマーケットライフからクレジットカードが発行されるというニュースを知った時「他のスーパーのように5%OFFが実施されるのでは?」と期待ですが、実際は「ポイント5倍」

提示と支払いでポイントの付き方が違う

LC JCBカードを利用する際に気を付けたいのが、ポイントの貯まり方。

ポイントカード代わりに使うのであれば、特に気にしなくても良いのですが「支払い」になると、利用する日や店舗によってポイントが貯まる金額(税別/税込)や付与される時期(即日/毎月10日前後の口座引落日)が異なります。

貯まるポイント ポイントの加算時期
提示 200円(税別)ごとに1ポイント 即日
支払い 200円(税込)ごとに1ポイント
+200円(税別)ごとに1ポイント
毎月10日前後の口座引落日
毎月7の付く日に支払い 200円(税別)ごとに5ポイント 即日
ライフ以外の加盟店 200円(税別)ごとに1ポイント 毎月10日前後の口座引落日

支払い日は毎月10日前後

LC JCBカードで支払った代金は、毎月10日前後に指定の口座から引き落としされます。

JCBカードは「毎月15日締め、翌月10日払い」なので、それに倣った形です。

多くの人の給料日は「毎月25日」、公務員は「毎月16日、17日、18日」と給料日と引き落とし日までには日数があるので、お金を使い過ぎでクレジットカードの利用代金が支払えなかった……なんてことには要注意。毎月10日前には口座にまとまったお金を用意しておくことを忘れずに。

LC JCBカードを利用する価値はある?

人気スーパー8社のクレジットカードを比較!5%OFFやポイント倍でお得度が高いのは?で紹介しているクレジットカードと比較して、LC JCBカードのメリット・デメリットをまとめてみました。

【メリット】

  • ポイントカードとしても使える。
  • クレカ支払いで還元率が1%までUP!
  • 毎月7の付く日はポイント5倍。
  • 年会費は無料

【デメリット】

  • 「●%OFF」の優待割引が無い。
  • 通常の還元率が0.5%と低い。

正直言って、他と比べると「お得度は低め」

ライフは既にポイントカードを導入しており、ほとんどの買い物を現金払いで済ませていれば、今のポイントカードがあれば充分。
「ポイント●倍」に関しては、毎週日曜日に「ポイント3倍デー」など実施しているので、LC JCBカードを持たなくてもポイントは多めに貯められます。

某掲示板には「6月以降はLC JCBカード以外のクレジットカードではライフポイントが付かない」という噂がありました。
今後ライフのポイントを貯めるには「現金」または「LC JCBカード」の支払いを利用する必要があります。

LC JCBカードは「ポイントカードだけよりも、多少ポイントが貯まりやすくなった」という程度のメリットしか無いので、今の所、あまり積極的におすすめはしません。後は紛失してもポイントカードよりも使用されにくい(例:貯めたポイントを全額使われる)ことでしょうか……。

将来的に独自の電子マネーを発行する予定らしいので、それと紐付けて「チャージでポイントがお得に貯まる」などの特典が付けば、利用価値が高まるように思います。