楽天スーパーポイントをスーパーマーケットで使う方法!楽天Edyへ交換するメリットはある?

スーパー節約術

楽天ポイントカード

楽天が運営するポイントサービス「楽天スーパーポイント」

楽天市場など楽天グループや加盟店での利用でポイントが貯まり、貯まったポイントは支払いに使えます。

楽天ポイントカードは、共通ポイントシステムとして実店舗でも使えるようにした、ポイントカードの名称です。以前は「Rポイントカード」でしたが、2015年11月から現在の名称に変更になりました。

楽天スーパーポイントの特徴

楽天スーパーポイントが貯まる主なサービスは以下の通りです。

基本的に100円ごとに1ポイント貯まります。還元率は1%と高め。
加盟店では「200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)」という場合もあります。

他に楽天スーパーポイントを貯める方法としては

  • 楽天カードで支払う
  • 楽天スーパーセール、お買い物マラソン、その他キャンペーンを活用する
  • 「楽天リサーチ」でアンケートに答える
  • 「楽天レシピ」に投稿する
  • 楽天会員ランクでランクアップする

など、買い物以外でもポイントが貯められるのが魅力的ですね。

貯まったポイントは「1ポイント=1円分」として、様々なシーンで利用できます。

実店舗で使う場合は楽天ポイントカードを

楽天スーパーポイントを実店舗で貯めたり使ったりする際は、楽天ポイントカードを持つ必要があります。

楽天ポイントカードには「アプリ」と「カード」の2種類のタイプがあります。

楽天ポイントカードアプリ

アプリ

AndroidとiPhoneユーザーのどちらでも使えるように、AndroidアプリとiOSアプリに対応。
利用料は無料。いま使っているスマホにアプリをインストールするだけで使える手軽さが良いですね。

既に楽天グループのアプリ(楽天市場、楽天Edy、PointClub、楽天カード)を使っている人は、各アプリ内に入っている楽天ポイントカードアイコンからも利用ができます。

アプリを起動してバーコード画面をお店のスタッフに見せるだけで、楽天スーパーポイントが貯まり、支払いにも使えます。

楽天ポイントカード

【楽天ポイントカード】

ポイントカード

加盟店(サークルKサンクス、ポプラ、出光など)でカード本体が無料で配布されているので、それを受け取り、Webで利用登録を行ないます。

楽天会員IDとカード番号を紐付けることで、ポイントが貯まったり、使えたりします。

【楽天Edy機能付き】

楽天Edy機能付き

ポイントカードに楽天Edy機能が付いたものです。
楽天ポイントカードと同じく加盟店で取り扱っているので、それを購入して、Webで利用登録をします。

【クレジット機能付き】

楽天カード

1枚のカードで「クレジット、共通ポイント、電子マネー楽天Edy」が使えるカードです。
楽天カードは入会金・年会費は無料。
普段から楽天グループでの買い物をする機会が多い人は1枚持っておくと何かとお得に使えます。

スーパーで楽天ポイントを使う方法

楽天ポイントカード加盟店一覧を見ると分かるように、楽天スーパーポイントが貯まる/使えるスーパーは皆無です。

楽天グループ以外&実店舗で楽天スーパーポイントを使うとなると、

  • コンビニ:サークルKサンクス
  • 百貨店:大丸、松坂屋
  • 家電量販店:ジョーシン
  • 飲食:ミスタードーナツ、PRONTO

あたりが、使いやすい加盟店だと思います。

では「貯めた楽天スーパーポイントをスーパーで使いたい」という場合は、どうすれば良いのでしょうか?

楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換する

楽天Edyに交換

楽天スーパーポイントは提携先ポイントと相互交換が可能です。

提携サービスは以下の2種類あります。

  • 楽天Edy
  • ANA

スーパーで使える電子マネーは「楽天Edy」だけなので、楽天Edyへ交換することで買い物代金の支払いに使えるようになります。

1ポイント=1円分、10ポイント以上であれば1ポイント単位での交換が可能です。

交換受付後すぐに楽天Edyに交換可能で、交換申し込み完了から30日以内に楽天Edyを受け取ればOK。
30日を過ぎるとEdyが無効になり、交換元のポイント口座に自動で返還されます。

交換可能なポイント数の上限は1回25,000ポイント、月10万ポイントなので、ほとんど上限を気にせずに使えると思います。

Edyの受け取り手続きとしては、以下の方法があります。

  • おサイフケータイ「Edyアプリ」
  • ファミリーマート「Famiポート」
  • サークルK・サンクス「Kステーション」
  • 空港などにある「ANA WebKIOSK」
  • カラオケ店に室内設置「DAMステーション」
  • パソコン(楽天Edyリーダー/パソリ使用)

手軽なのはおサイフケータイの「Edyアプリ」、ファミリーマートやサークルKサンクスに設置されたマルチメディア情報端末で受け取ること。

期間限定の楽天スーパーポイントや提携先からの交換ポイントは、楽天Edyへの交換は不可なので、楽天グループで商品の購入やサービスの利用などに活用しましょう。

楽天Edyが使えるスーパー

全国で展開する大型総合スーパーから地域密着型の中小スーパーまで、楽天Edyが使えるスーパーマーケットはかなり多いです。

代表的なスーパーとしてはアピタ/イトーヨーカドー/サミット/関西スーパー/ダイエー/天満屋ストア/平和堂/ゆめタウンなどが挙げられます。

電子マネーでもnanaco(ナナコ)やWAON(ワオン)、uniko(ユニコ)などは「各グループ系列のスーパーやコンビニでしか使えない」というデメリットがあるので、どこでも支払いに使いやすいのはメリットですね。

関連記事:楽天Edyが使えるスーパーマーケットは?支払いに使うメリット・デメリットを徹底解説

楽天スーパーポイントをスーパーで使うお得度は「低め」

楽天Edyは基本的に200円ごとに1ポイント貯まります。

楽天Edy機能付き楽天ポイントカードでの支払いが、お得になるのは楽天ポイントカード加盟店で楽天Edy払いをする時だけ。

例えば200円の商品を購入する場合、店頭スタップに楽天ポイントカードへ提示で「2ポイント」、楽天Edy支払いで「1ポイント」、合計で3ポイントが貯まります。

楽天Edyで支払えるスーパーは楽天Edy加盟店であっても、楽天ポイントカード加盟店ではないので「200円ごとに1ポイント」と還元率はどうしても低くなります。

各スーパーで提携している電子マネーやクレジットカードがあれば、優待割引が受けられたり、各種ポイントが貯まりやすかったりします。

また「楽天Edy機能付き会員カード」を独自で発行しているスーパーであれば、楽天ポイントカードではなく、そちらを利用した方が何かとお得に使えます。

あくまでもスーパーで使う楽天Edy支払いに関しては「現金以外の支払い方法の一つ」と考えておくことをおすすめします。