楽天Edyが使えるスーパーマーケットは?支払いに使うメリット・デメリットを徹底解説

スーパー節約術

楽天Edy

楽天Edy(エディ)はプリペイド型の電子マネーです。

コンビニ、飲食店、楽天市場など、全国38万ヶ所以上の楽天Edy加盟店で利用できます。

楽天Edyが使えるスーパーマーケット

日本全域で展開する大型総合スーパーから地方密着型のスーパーまで様々あります。

楽天Edy加盟店になるスーパーは年々増えているので、自分が普段買い物をしているスーパーで利用できるか、定期的にチェックしてみて下さい。

最新情報はこちら:楽天Edyが使えるお店を探す – 電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」

北海道エリア

ホクノー

東北エリア

スーパーアサノ/カブセンター/ベニーマート/スーパーMEGAドラッグ/マイヤ/やまや

関東エリア

イトーヨーカドー/サミット/サンユーストア/スーパーアルプス/ダイエー/たいらや/八条万有/福島屋/グルーミングブルーミー(いなげや)/文化堂/マルエツ/丸正食品チェーン/ミニピアゴ/ワイズマート/JAあがづま/カクヤス/KYリカー

中部エリア

アピタ/ピアゴ/ピアゴ ラ フーズコア

北陸・甲信越エリア

のぐち/福井県民生協/マツヤ/ママーストア/にいつフードセンター

関西エリア

関西スーパー/さとう/サンプラザ/大近/ナカケー/阪急オアシス/平和堂/丸源/丸大/よしや/ラッキー&パントリー

中国エリア

ゆめタウン/キヌヤ/天満屋ストア/ハsピーマート/ハピーズ/ハピッシュ//広電ストア/三井造船生協/リョービプラッツ/JAいずも(ラピタ)/グッディー/マダムジョイ/サンマート/まるき

四国エリア

サニーマート/シャンシャイン/サンプラザ/セブンスター/ナンコクスーパー/ママイ/マルヨシセンター/Aコープおおず/土佐山田ショッピングセンター/オズメッセ21/エースワン・エーマックス

九州エリア

サンリブ/サンリブシティ小倉/Aコープ鹿児島/マルイチ/マミーズ

沖縄エリア

コープおきなわ/サンエー/ジミー/タウンプラザかねひで/リウボウストア/JAおきなわAコープ

楽天Edy支払いにするメリット・デメリット

基本的に200円ごとに1ポイント。優待ありのスーパーも

楽天Edyは基本的に200円(税込)ごとに1ポイント貯まります。

一部のスーパーでは楽天Edy機能付き会員カードを発行しており、

  • 提示で200円ごとに1ポイント貯まる(現金orEdy支払い)
  • 合計金額に応じて翌月の買い物が割引される

という、特典が受けられる場合が多いです。

例:平和堂関西スーパーなど

楽天Edyカードやおサイフケータイで支払うよりも、得られるメリットが大きいので「今まで楽天Edyを使ったことがなく、金額が大きい買い物をするのは、スーパーくらいしか無さそう」という場合は、新しく作ってみる価値はあります。

ただし、楽天Edy機能付き会員カードは1枚300円の発行手数料がかかりますが「楽天Edy支払いで200円ごとに2ポイント貯まる」というタイプであれば、利用開始から半年ほどすれば元は取れていると思います。

また期間限定で「無料入会キャンペーン」を行なっている場合あるので、それを狙ってみるのもアリです。

他の電子マネーやクレカ払いの方がお得になる場合も

一口で「楽天Edyが使えるスーパー」と言っても、

  • 支払い方法の一つとして楽天Edyが使える
  • 楽天Edy機能付き会員カードを発行している

のでは、支払いでのお得度に差があります。

「支払い方法の一つ」として楽天Edyが使えるタイプだと、スーパーと提携している電子マネーやクレジットカード払いにした方が、ポイントが貯まりやすかったり、優待割引が受けられたりする場合もあります。

【イトーヨーカドー】
電子マネー「nanaco(ナナコ)」:100円(税抜)ごとに1ポイント。毎月8日のつく日は5%OFF。
セブンカード・プラス:200円ごとに3ポイント。毎月8日のつく日は5%OFF。

【アピタ】
電子マネー「uniko(ユニコ)」:毎月19日20日は5%OFF。毎月第2日曜日はポイント2倍デー。
OMCカード:毎月19日20日は5%OFF。毎月第2・4日曜日ポイント2倍デー。

【関連記事】
人気スーパー11社のポイントカード・電子マネーを比較!食費節約に使える店は?
人気スーパー8社のクレジットカードを比較!5%OFFやポイント倍でお得度が高いのは?

一部スーパーはチャージ不可

楽天Edyが使えるスーパーの中には、支払いはできるが、チャージができないというスーパーもあります。
(例:サミット、ミニピアゴ、やまや、カクヤス、KYリカー)

その為、残高不足になった場合は「レジで現金をチャージした後に、楽天Edyで支払う」という方法が使えず、現金やクレジットカードで支払う必要が出てきます。

チャージ不可のスーパーで買い物をする機会が多い人は、事前にコンビニや他スーパーで定期的に一定額をチャージしたり、オートチャージ設定(Edy機能付き楽天カードやおサイフケータイの場合)を利用したりして、残高不足にならないように工夫を。

ポイントが貯まらない対象外品も

楽天Edyは基本的に200円ごとに1ポイントのポイントが貯まりますが、一部の取引はポイント付与の対象外になっています。

【ポイントが貯まらない取引】

  • 学校内、企業内での食堂・売店
  • 一部の自動販売機
  • アミューズメント施設内のゲーム機
  • 航空券、乗車券、金券類、チケット類
  • テレホンカードなどのプリペイドカード
  • はがき、切手、印紙など
  • 損害保険、生命保険などの保険代金
  • 一部オンライン決済
  • クレジットカード利用代金
  • 成人向けコンテンツ
  • 募金
  • 車両代

引用:ポイントが付かない場合を知りたい | Q & A | 楽天Edyで困った時は

スーパーでの買い物の場合、金券類(米・ハーゲンダッツ・クレジットカード会社発行のギフト券・百貨店商品券、箱代)、プリペイドカード、はがき、切手、収入印紙、バス回数券、ごみ処理券、ポイント発行手数料などは、ポイントが貯まらなかったり、そもそも電子マネー支払いができなかったりします。

上記の対象外品は、あまり購入の機会がないので、生鮮食品や日用品を買うような買い物であれば、問題なくポイントを貯められると思っても大丈夫です。

いかがでしたか?

数ある電子マネーの中でも、楽天Edy支払いが使えるスーパーマーケットは意外と多いです。

楽天Edyには「200円ごとに1ポイント」とポイント還元率が低いイメージがありますが、地元密着型の中小スーパーであれば「楽天Edy機能付き会員カード」を発行している場合も多いので、上手く活用できれば、ポイントが貯まりやすく、優待特典が受けられたりします。

nanacoやWAON、unikoだと、基本的に「各グループ系列のスーパーやコンビニでしか使えない」というデメリットがあるので「スーパーやコンビニ、飲食店などの支払いは楽天Edy一つでOK」という使い勝手の良さは、やはり魅力的ですね。