お客様感謝デーがなくてもイオンネットスーパーを5%オフで使う2つの方法

活用術

イオンのお客様感謝デー

イオンで毎月20・30日に行なわれているお客様感謝デー。
各種イオンカードの提示やWAONでの支払いで商品が5%オフで購入できるお得な日です。

イオンネットスーパーはイオンが運営するネットスーパーなので、もちろんお客様感謝デーも利用できるだろう」と思う人も少なくありません。

実際にイオンネットスーパーのサイトを見ると「ネットスーパーでのお買い物は、お客さま感謝デー5%OFF(毎月20日・30日)の対象外とさせていただきます。」と明記されています。

イオンネットスーパーはお客様感謝デーが利用できません。

イオンネットスーパーを5%オフで利用する方法

それでは、お客様感謝デーが使えないイオンネットスーパーを5%オフで買い物できる方法はあるのでしょうか。調べてみました。

オーナーズカード(株主優待カード)を使う

オーナーズカードとは、イオン株式会社の株式を100株以上持っている株主に発行している株主ご優待カードのこと。

持株数に応じて買い物の合計金額に返金率にかけた金額を半年ごとに返金してくれます。

  • 100株~499株……3%
  • 500株~999株……4%
  • 1000株~2,999株……5%
  • 3000株以上……7%

オーナーズカードが使えるイオンのショッピングサイトは、イオンネットスーパーだけ。
ちなみにイオン各店舗のお客様感謝デーで利用すれば、+5%オフで買い物ができます。

イオンネットスーパーで5%オフの優待を受ける為には、1000株以上の株式を購入する必要があります。2014年3月某日の株価は1,232円だったので、1,232,000円の投資金額が必要です。

利用限度額は半年間で100万円(家族カード利用分も含む)、5%オフのオーナーズカード使用で50,000円お得になる計算です。

5%オフの株主優待目当てでイオン株式会社の株を買うのは、金銭的に厳しいかもしれませんが、3%オフになる100株だと123,200円なので、まだ買いやすい方だと思います。

イオン銀行の住宅ローンと契約する

イオン住宅ローンに契約すると、契約者限定特典として、イオンネットスーパーを含むイオン店舗が毎日5%OFFで買い物できる「イオンセレクトクラブ」が利用できます。

またイオンのクレジットカード「イオンカードセレクト」の特典もあわせて付きます。

イオンネットスーパーの支払いでネットWAONポイントとときめきポイントがWで貯まったり、5の付く日はときめきポイントが2倍貯まったりと、よりお得な買い物が可能です。

イオンカードセレクトの特典に関しては「イオンカードでイオンネットスーパーのポイントをWで貯める方法」に詳しく書いています。

オーナーズカードを既に持っている場合、オーナーズカードの優待割引が優先されるので、利用の際は注意が必要です。

イオン銀行の住宅ローンは、業界最低水準の住宅ローン金利が特徴です。
保証料0円、一部繰上返済手数料も0円で利用できるので、余分な費用の節約になります。

イオングループで買い物をする機会が多い人で、住宅ローンを考えている人はイオン銀行住宅ローンも候補の一つに入れても良いのではないでしょうか。

最後に

イオンネットスーパーを5%オフで買い物する方法は「イオンの株主になりオーナーズカードを利用する」「イオン銀行の住宅ローンと契約する」の2つに限られています。

「イオンをネットでお得に使いたい」という人は、イオンショップを利用してみて下さい。

イオンショップとはイオンのネットショッピングサイトのこと。
毎月20、30日をイオンショップ感謝デーとして5%オフ相当のポイント還元(ネットWAONポイント10倍)を行なっています。

イオンのお客様感謝デーのように現金値引きではありませんが、実質、商品が5%オフで購入できます。イオンカードで支払うと、毎月10日と5の付く日はときめきポイントが2倍で貯まります。

肉や野菜などの生鮮食品は購入できませんが、飲料、調味料などの食品、トイレットペーパーなどの生活必需品、自転車や家具などの大型商品が全国対応で注文できます。

「5%オフじゃなくても、ネットスーパーをお得に利用したい」という場合は、火曜市を利用したり、イオンカードの特典を使うと、より食費が節約できると思います。