イトーヨーカドーネットスーパーの配送料を安くする3つの節約術

活用術

値下げ

イトーヨーカドーの基本配送料は1回300円+税。

毎回利用するにはやや割高な感じがあります。できるだけ配送料を安くできる方法はないのでしょうか?

配送料を安くする方法

イトーヨーカドーネットスーパー

  • 一定金額以上の買い物をする
  • 子育て割引を使う
  • 店頭受け取りサービスを利用する

一定金額以上の買い物をする

イトーヨーカドーネットスーパーでは一定金額(税込み、配達料金やレジ袋利用料は別)の利用で、配送料が無料になるキャンペーンを行なっています。

配送料が無料になる合計金額は、店舗によって「4,000円」「5,000円」「6,000円」と異なるので、自分が利用できるイトーヨーカドーネットスーパーの店舗がどこになるのか確認が必要です。

配達対象エリアはこちらで調べられます。

また「酒類」だけの購入は、配送料無料の対象外になるので、お酒以外も注文しましょう。

子育て割引を使う

交付から4年以内の母子手帳をお持ちの世帯を対象に、登録日から4年間、いつでも1回100円(税込)でお届けする子育てママ応援キャンペーンを行なっています。

ネットスーパー宅配員または、店内サービスカウンターで手続きをすればOK。

申請後、登録までには2~3日かかる場合もあり、申請日当日のお届けは割引サービス対象外になるので、ネットスーパーを利用する前に店頭のサービスカウンターで申し込むことをおすすめします。

詳しくは:子育て世帯必見!4年間、送料100円をイトーヨーカドーネットスーパーが開始

店頭受け取りサービスを利用する

イトーヨーカドー甲府昭和店では、ネットで注文した商品が店頭で受け取れるサービスを行なっています。

指定の時間内にサービスカウンターに行き、代金を支払って品物を受け取ります。

受け取り時間 締め切り時間
12~15時 当日9時
15~18時 当日12時
18~21時 当日15時

店頭受け取りサービスの利用は配送料は無料。
受け取り時間内までに店舗へ行けば良いので、配達スタッフが来るまで家でじっと待っている必要もありません。

家や職場で商品を注文。子どもを迎えに行った帰りや仕事終わりに、ちょっとイトーヨーカドーに寄るだけで、買い物がすぐに済むので時間の短縮にもなります。

また一部地域では、注文した商品をセブンイレブンで受け取れる所もあり、増々受け取れる場所に融通が利くようになってきました。

最後に

8の付く日のハッピーデーに実施していた配送料80円は、2014年1月28日で終了しています。

その為、イトーヨーカドーネットスーパーの配送料を安くしようと思うと、一定以上の金額になるまで商品を購入するか、店頭まで取りに行く必要があります。

イトーヨーカドーネットスーパーの配送料300円+税は、他のネットスーパーと変わりません。
配送料を基準にネットスーパーを選びたい時は「ネットスーパー10社の送料・代引き手数料比較ランキング」を参考にしてみて下さい。