ダイエーネットスーパーも5%OFF!株主優待をお得に使う2つの方法

活用術

ダイエーネットスーパーの株主優待

ダイエーの株主優待には、20円以上の買い物で売り場のほぼ全商品が5%OFFと、普段からダイエーを利用している人にとって魅力的な特典が付いています。

全国のダイエー各店、グルメシティ各店だけでなく、ダイエーネットスーパーでもお得に利用できます。

【注意】
イオンへの完全子会社化により、ダイエーの株主優待は廃止になりました。

ダイエーで使えるのは、イオンの株主優待「オーナーズカード」です。

詳しく知りたい人は下記の記事を参照してください。
ダイエーの株主優待が廃止に!イオンのオーナーズカードって正直どう?
イオンの株主優待オーナーズカードで節約する7通りのフル活用法

ダイエーの株主優待の特徴

ダイエーの株主優待は50株以上保有で、売り場のほぼ全ての商品が5%OFFで購入できます。

持ち株数に応じて優待額が増えます。
家族カードは3枚まで作成できます。利用額は合算です。

  • 50株~ 99株……計20万円まで5%割引= 1万円
  • 100株~149株……計40万円まで5%割引= 2万円
  • 150株~199株……計60万円まで5%割引= 3万円
  • 200株~249株……計80万円まで5%割引= 4万円
  • 250株以上……計100万円まで5%割引= 5万円

株主優待が利用できる条件は、2月・8月の半期末の時点で株を所有していること。

  • 2月末まで保有……有効期限は5月下旬~11月末まで
  • 8月末まで保有……有効期限は11月下旬~翌年の5月末まで

ダイエーの最低投資金額は株価315円×50株=15,750円(2014年3月19日現在)。
これだけ見ると、ダイエーネットスーパーで優待を受けるうま味は少ないです。

1株210円以下であれば、株主優待目的で株を買っても良さそうです。
購入方法は「ネット証券で口座を開設する」「ダイエー株(8263)の買い注文をする」の2パターンが利用できます。

OMCカードのW使いでお得

ダイエーネットスーパーの毎月第2、第4日曜日と20日、30日配達分はOMCカードの利用で、ほぼ全品5%OFFで購入できます。OMCカードとはダイエー提携のクレジットカードです。

OMCカード優待デーと、株主優待カードの優待は併用可能。

OMCカード優待後の買い物合計金額(消費税含む)から更に株主優待の割引が効くので、合計9.75%割引で利用できます。

株主優待の使い方

ログイン後「登録情報の確認・変更」のページで株主優待カードの番号を入力すると、ダイエーネットスーパーの支払い方法の確認時に「株主様ご優待割引」が選択できます。

株主優待残高は配達終了後に反映されるので、買い物直後は実際の残高と誤差が発生します。

OMCカード優待を受ける際は、支払いをOMCカードに設定すればOKです。

最後に

株主優待でお得に利用できるネットスーパーとしては、イオンネットスーパーもあります。

参照:お客様感謝デーがなくてもイオンネットスーパーを5%オフで使う2つの方法

また特定のクレジットカード払いで商品代金が割引になるスーパーも多いので、自分が良く使うネットスーパーが対象かどうか調べてみるのも良いかもしれません。